News

ピークスタジオでは一緒に働く仲間を募集しています【7/1更新】

Blog | 2021-07-01

私たちはまちに開いた設計事務所を運営しています。
各地での建築設計の仕事はもとより、自らも暮らしを楽しみ、地域の人たちとの交流をもちながら、
まわりの環境を少しずつ変えてきました。

私たちとともに魅力的な風景をつくっていってくれる人を募集します。

 

募集内容: 設計スタッフ 若干名  1名、パートタイムスタッフ 若干名
求める人材:建築が好きな方、自然が好きな方、コミニュケーションを大切にできる方
業務内容: 建築設計、内装設計、インテリアほか
応募条件: 建築やデザイン美術系の各種学校を卒業された方 実務経験者、有資格者優遇
雇用形態: 正社員 (試用期間3ヶ月)
給与:   16万円~ (働き方、能力に応じて相談) 経験年数,有資格により優遇有
*パートタイムスタッフ (働き方に応じて相談)
勤務地:  川崎市中原区上新城1-4-50 ダイロクパーク内(JR武蔵新城駅 徒歩5分)
休日:   日曜、祝日、年末年始休暇、夏季休暇
保険等:  健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険ほか

今、建築を志す学生に勧める本

Blog | 2020-04-20

CIATという東北大学発の若手建築人の集まりでの企画 “今、建築を志す学生に勧める本” というテーマで、本をいくつか紹介させてもらったので、ここにも掲載します。
自粛期間で家にいる時間が長い今、自らの生活を豊かに創造する能力、微細な変化を捉える眼差しを(自分を含めて)磨かなければならないと思う。そういう意味で、この2冊かな。

コンヴィヴィアリティのための道具/イヴァン・イリイチ

2008年に都市部の人口が郊外の人口を超えたと聞いた。都市化は人類の大発明でもあるが、一方で今回のような脆弱性も垣間見える。イリイチはこういった成長の良い面と、その後にやってくるマイナス面を発展における二つの分水嶺と言った。今の状況の中で、リモートワークやwebによるコミュニケーション、他にも大きな変化が今後あるかもしれない。
しかし、その制度や社会の流れは本当に人を豊かにするのだろうか?
受け入れざる得ない道具や制度ではなく、自らが創造的に使いこなせる道具や制度が必要だ。そして、それはどんなものだろうか。自分も含めて考えていきたい。

ティンカークリークのほとりで/アニー・ディラード

勤めていた設計事務所を辞めてこれから独立しようとしている時、持て余した時間をつかって読んだ。
この本は著者が都会を離れ小川のほとりに住みながら、 延々と自然を見つめ、その奥深い世界を描写した随筆なのだが、葉から落ちる水の滴りすら見逃さない著者の眼差しに、今僕たちが身を置く環境の中にも微小な変化や、複雑なディテール、多様な世界があることに気づかされた。
目に見えない脅威、溢れる情報、複雑になりすぎた人間関係に気持ちが落ちつかない今こそ、改めて見落としてきた日々の差異、細やかな自然のルールを自分の目で見つめなおす時ではないかと思う。

F

新城テラス3周年!

Blog | 2019-04-16

内装設計をさせてもらったカフェ,新城テラスが3周年を迎えました。
3周年を記念して、飲食店のみなさん、パン教室の先生、雑貨をつくっている方、子供向けのWSなど、たくさんの地域の方とともに、「シンジョーフェス!」と称してマルシェを開催しました。ピークスタジオはポスターやパンフレットのデザイン、グッズの制作と販売をさせてもらいました。
この、「新城テラス」には特別な想いがあります。独立したての頃、武蔵新城のまちづくりをしたいというカフェのオーナーと出会い、一緒に街歩きマップをつくり、カフェのイメージをつくり、そしてそれを見て気に入ってくれた店長さんと出会い、一緒にメニュー開発をし、店舗の内装を考え、椅子や床の塗装をし、看板やサインを手作りしました。
そしてそれをきっかけに、僕たちの事務所も武蔵新城に引っ越してくることになったのです。
今では近所の子供が遊びに来てくれる事務所になり、そしてこの新城テラスもいつのまにか僕たちの生活空間のひとつになっています。
また4周年、5周年もこうやってシンジョーフェスを開催できるといいなと思います。

F

森と自然の保育園 SORA 内覧会

Blog | 2019-03-26

「森と自然の保育園SORA」の内覧会、森の幼稚園ピッコロ代表の中島先生によるトークイベントが3月17日に無事行われました。
当日は天気も良く最高の1日となり、トークイベントは60名を超える方々に、内覧も100名を超える方にお越しいただきました。この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。
さて、この「森と自然の保育園SORA」も引き渡しを終え、いよいよ4/1から開園となります。
昨年の助成要綱が出る前からクライアントとともに議論し、準備を進めてきたので、僕たちにとっても感慨深いものがあります。

子供の環境、保育者の環境、地域とともに育む環境。そういったものに少しでも寄与できればと設計を進めてきました。
これから、地域交流スペーが地域と子供達、保育者、そのゆるやかなつながりを担う場所になっていくといいなと思います。

森と自然の保育園SORA(ソラ)

Photo by Nao Takahashi

小さなお家をつくりました

Blog | 2017-07-31

去年に引き続き、夏休みWSフェスタに参加しました。
小学生に小さなお家の模型を作ってもらいましたが、みんな発想が豊かで驚きです。
去年作り足りなかった子が再度参加してくれたことも嬉しいです。
2時間半という時間の中では切り抜かれたパーツを組立てて、素材を貼り、家具等を置くのだけで精一杯ですが、もっと時間があれば色々作れそう。
できれば最初の形を考えるところからやってもらえたらもっと面白いかもしれないなーと。

そのうち新城に建築好きの子がたくさん出てくるといいな。

FJK

「ピークスタジオの仕事」展を開催しました

Blog | 2017-06-26

6月23日〜25日の3日間、武蔵新城のコミュニティカフェ「新城テラス」をお借りして、「ピークスタジオの仕事」展を開催しました。
武蔵新城に事務所を移転して1年、新城を中心に多くの仲間ができました。
地域の方に僕らがどのような考えで建築をつくっているか、少しでも知ってほしいと思い、小さな展覧会を企画しました。

近所の方々をはじめ、たくさんの方々に来ていただき、盛大に展覧会を執り行うことが出来ました。本当にありがとうございました。

OZW


PEAK展限定メニュー「PEAKソーダ」「PEAKスムージー」「PEAKラテ」